高い専門知識が必要

看護師は病気の治療という仕事をするために、高い専門知識がなければなりません。

そのため看護師募集に応募するには、国家試験に合格して、看護師の資格を取得していることが必要です。

そのため看護師募集は、他の仕事に比べて、好条件での求人がたくさんあります。

不景気で就職難といわれている現在でも看護師不足は深刻で、看護師募集の需要は、地方の病院を中心たくさんあり、

今でも売り手市場になっています。また看護師はその有資格者の9割以上を女性が占めていて、

給与など待遇面で男女差がなく、女性に向いた仕事といえます。

ただ看護師の仕事は資格があれば良いというものではありません。

日々の仕事で身につけたことを次に仕事に活かせるように、知識と技術を常に向上させることが求められます。

最近は医療の進歩するのが早く、ついていくだけでも生半可な努力ではありません。

そのためには、自分に厳しく向上心を常に持ち続けていなければなりません。

また人は病気になると、肉体的な面は言うまでもなく、精神的な面でもストレスが多いです。

その中で患者の気持ちに立ち、治療をしていくということが重要になります。

そのため、患者の変化をよく観察し、キメ細やかな対応ができる能力などが求められると言えます。

また看護師の勤務は、3交替制・2交替制など不規則なうえ、立ち仕事が多く、身体的にとても大変で、

常に健康に気をつけていなければなりません。このように、看護師は体力と強い精神力が続けられない仕事です。